無料体験レッスン・お問合せはこちら

080-2107-2394

※レッスン中・不在時は留守電にメッセージ
を入れてください。折り返しご連絡を致します。

まだトランペットをお持ちでない方へ

これからトランペットを始めようとする方はどんなトランペットを買えば良いのか、トランペットを続けていくには楽器本体以外にどのようなものが必要なのかなどなど疑問が尽きません。

このページではそのような疑問に個人的な視点からお答えしていこうと思います。

トランペットを買う前に!

まずトランペットを始めるにあたって必要なのはトランペット本体ですが、基本的にトランペットは楽器店で試し吹きしてから購入するようにしましょう。                    トランペットは(他の楽器でもそうかとは思いますが)たとえ同じメーカーの同じ型番でも微妙に吹き心地が異なったりクセがあるものも存在するからです。

しかし試し吹きといってもそもそもトランペットが吹けないのだからどうすればいいのか・・・。 そんな時にトランペット教室の出番なわけです。

どういうわけかというと、レッスンを受けてとりあえずいくつかの音が出るようになってから楽器店で自分の手によって試し吹きをしようということです。                    個人差はありますが大体2~4回程度のレッスンでいくつかの音が吹けるようになる方が多いと感じられますし、本当に早い方は体験レッスンでドレミファソくらいは吹けるようになってしまいます。

また、トランペットという楽器に触れたことすらなくこれから始めてみようかなという方が実際にトランペットに触れてみるという意味でも楽器の購入前にレッスンを受けてみるというのは役立つかと思います。                                        楽器購入前に何度かレッスンを受けてみて、やっぱりあまりにもイメージと違うとなったらやめればいいわけですからトータルで見ればお財布にも優しいです。

 

当トランペット教室では無料でレンタル楽器を用意していますので楽器をまだ購入されていない方でもレッスンを受けることができます。                            もちろんレンタル楽器そのものはレッスン時間のみの利用となるためご自宅に帰ってからの練習はできません。

しかしトランペットを吹いてとりあえずの音が出るようになるまでレッスンを受け、楽器店でご自分の手によってトランペットを試し吹きしてから購入された方が安心ですし、その後トランペットを練習していくモチベーションにも繋がります。

始めに買うのはどんなトランペットが良いのか

楽器店へ足を運ぶとさまざまなトランペットが販売されており、そのお値段も下手をすると1万円台のものからちょっとした車が買えてしまうようなものまで幅広い選択肢が存在します。

支柱の数や管の構造、素材や表面のコーティングの違いなどなど、語りだしたらキリがありませんので詳細な説明は他ウェブサイトにお任せすることとして、ここでは初心者の方がまず始めに購入されるトランペットという想定で考えると

「自分が使ってて最もモチベーションが上がる楽器を購入するようにしましょう!」

というアドバイスをさせていただきます。

 

ただそれだけだとあまりにも漠然としすぎているのでもう少し詳しく・・・。

まず予算で言うと、大体10万円前後を想定されている方が多いように感じます。         実際その程度の予算で考えていただければトランペットをこれから始めるのには十分なグレードのトランペットが手に入るかと思います。

主なメーカーがフラッグシップとして販売している機種が大体20万円台後半~ですから、これからスタートするのに10万円前後という予算がやはり無難かと思われます。

ちなみに10万円だからといってその楽器ではある程度までしか上達できないかというとそうではありません。ただ上達していくにしたがってご自身で様々な好みや楽器への要求が発生してくることがあり、そのときになって初めて買い換えるという選択肢が出てくるのです。

次にメーカーで言うとやはり有名なのはヤマハ、バック、シルキーなどなどということになってきますが、特にこだわりが無い場合はヤマハをお勧めしています。                 その理由はヤマハのトランペットは総じてクセが少なく、初心者が吹きやすいものが多いからです。とはいえクセのあるトランペットでは上達しないかというと決してそうだとは限りません(極端なものを除いての話ですが)。

 

基本的には吹いていてよりモチベーションが上がるのであればそれが一番あなたに適した楽器です。

同じ練習をするにしても高いモチベーションを維持して練習に臨んだ方が明らかに上達のスピードは速く、そして何よりも楽しみに繋がってきます。

どんなトランペットは避けるべき?

プラクティスミュート付き初心者入門セット29800円!みたいな極端に安いものは避けましょう。

そういう楽器を使ったら上達できないかというと必ずしもそういうわけではありませんが、ピストン周りの精度の悪さは初心者の方でもストレスに感じると思います。

ただ逆に考えるならば一番初めの楽器として格安のものを買っておいて、1年くらい続けて少し上達したらすぐに上位機種に乗り換えるという前提のもとで購入されるのはありかもしれません。

乗り換えた後に感じられる様々な違いは想像を絶するでしょう。

楽器以外には何が必要か

トランペットという楽器は実は維持費が安い楽器です。

例えばサックスやクラリネットなどは木でできたリードを定期的に購入する必要があり、しかも1箱に入っているリード全部が使い物になるというわけではなく当たり外れが存在します。

また楽器本体の調整も(使用頻度によりますが)数年に一度くらいは出さなくてはならず、その費用も数万円かかるということです。

その点トランペットという楽器は一度マウスピースを手に入れてしまえばぶつけたり落としたりして壊さない限りはずっと使えますし、楽器本体の調整についても他の管楽器ほどシビアにならなくても大丈夫なことが多いです。

 

トランペットを吹くのに必要なものは主にメンテナンス用品です。

バルブオイル:ピストンに差すオイル(1000円前後)

チューニングスライドオイル:1・3番スライドに塗るオイル)(数百円)

スライドグリス:チューニングスライドに塗るグリス(数百円)

他にもクリーニング用品などが必要になることもありますが、当面はこのオイル類で事足りますし、はじめからクリーニング用品とオイル類が楽器本体とセットになっていることも多いです。

どこで練習するのか

せっかくトランペットを手に入れても練習する場所が無い!という方は多いかと思われます。

私は暖かい季節は大きな公園や川原で、夜間や寒い時期などはカラオケ店を利用していました。車を大きな駐車場に停め、車内で練習されている方もいるようです。

トランペットの利点は持ち運びが便利で必ずしもスタジオを利用しなくても済むという点です。  カラオケ店なら受付で一言断ってから利用すれば特に問題ないところが多く、むしろ安い利用プランを用意してくれているところもあります。

もし屋外で練習される場合は必ず周囲の迷惑にならないよう注意してから行うようにしましょう。

 

余談ですが、プラクティスミュート(消音器とも呼ばれます)をつけて練習するのは避けましょう。

プラクティスミュートは音を消す機能に特化している分抵抗感が非常に強く、その状態で練習を続けることは奏法に大きく影響を与えてしまいます(抵抗感が改善したとうたっているものも同様です)。特に初心者の場合はプラクティスミュートで演奏する癖がついてしまうとそれを矯正するのに多大な努力を要するため、継続的にプラクティスミュートを用いることはしないでください。

その他メニューのご紹介

トランペットという楽器について

無料体験レッスン

無料体験レッスンはこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ

080-2107-2394

受付時間:10時から20時まで
土日祝もお気軽にご連絡ください
※レッスン中・不在時は留守電にメッセージを入れてください。折り返しご連絡を致します。

  • 無料体験のみの方も大歓迎です。
  • 無料体験にお申込いただいた後、必ず入会しなくてはならない訳ではありません。
  • まだトランペットをお持ちでない方も無料のレンタル楽器をご用意していますので遠慮なくお問い合わせください。

無料体験レッスン
お問い合わせ

メールでのお問合せは24時間 受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

当教室のご案内

金村盡志トランペット教室

・町田教室:東京都町田市原町田6-29-4 寺田ビル3-B

080-2107-2394